しまなみ海道「広島尾道〜向島〜因島

ホテル いんのしまは
瀬戸内海国立公園「因島公園」
敷地内にあった。 

2012-05-21


 5月20日21:00東京・新宿・ハルク前35番乗り場から
小田急ハイウェイバス・エトワールセト号乗車定員26名の処10名乗車

最初の乗車停留場が広島・広尾中国バス尾道営業所までに8名下車
ここから先尾道までは貸切状態予定のとうり21日07:30頃に尾道駅前に無事に到着
ドライバー2名は広島弁そのはず、好く見たら車のボッデーに中国バスと書いて有った。

早速このドライバーから情報受けた、
XXX島「大三島かなー!!」の千年松料理店&民宿の海の幸が好いと薦められた。
メモを取らなかったので島の名前は忘れた。

この時刻日本中が金環日食に沸いていたが生憎尾道は曇り模様〜

 早速しまなに海道の情報収集、事前に有る程度の情報は有ったが確認の為情報収集
何処が良いかのと最初は迷ったが何とか成った、
まず最初に行った先が駐輪場、フェリー乗り方や大橋の渡り方や大橋の料金。
昨年は500円の処今年は250円但し土・日は無料との事
今日は月曜日250円払った。
尾道から最初の島〜向島自転車道が無く走っても
面白くもないからフェリーに乗るべしと
自転車仲間の「Oさん」聞いていたが正にそのとうり
現地の人も同じ事を言ってました。

このフェリー向島まで2kmの為一隻がピスットン
雑談しているうちに直ぐ戻ってきた。
前の船は地元の高校生が大半今度は我々二人の貸切。

向島に着いてさて走るか、見渡したら案内板有り217号線と書いて有った。
早速雑談している二人ずれ一人はタクシードラバー217号線は
と尋ねたら〜しまなみ海道のが解りやすいと言われた、
路面にある20cm位の水色のラインこれの沿って走れば大丈夫との事。

最初は大橋が前後に見える。どの橋が因島大橋が、
我々が目指すのは向島大橋か因島大橋か迷っが、

向島大橋の景観に酔いしれた、
二人ともにぁ〜ぁ来て好かった。

後で考えたら向島大橋はフェリーに乗ったので
自転車では走らない事が判った。(笑)

先ず目指すは慣れたしまなみ海道を外れ向島らんセンターへ
途中名もない池〜!!鯉が〜
我々を迎えてくれて疲れを癒してくれたね。
途中の登り坂〜
疲れたが無事に到着
受付も無くここは無料ランの花より
庭の広々としていたことが印象に残った。

さて目指すは因島大橋〜今治方面のしまなみ海道・道路標示。
此処まで来ると方角が大分頭で考えた事と一致してきてね。

しばらくは因島大橋の景観を堪能しながら因島へ

因島村上水軍城ここは階段がキツイ
記念館の女性の話では村上家の子孫は
古文書によると鎌倉市竹寺の付近にいた亡き村上七郎氏とのこと。
今は性は違うが娘さん居るとの事でした。
記念館の女性と親しく会話し、
宿の情報を頂くもお勧めの宿見当たらず。
まずは町なかへ〜〜??

予定の宿泊場所はネットで調べていたが現地で確認したらイマイチ。
稲荷神社前で私と同年輩の御婦人に宿の事を聞いたら、
公園の中に有るロッジ いんのしまが良いよと
前のも聞いた事が有る名前、
但し小高い処に有るから自転車では無理かなと、
これは私の年齢を考えての事かな〜(笑)

でも行くことにした。
一気の10mから150m
エッチラ〜オッチラ
一年前に改装を期に
ホテル いんのしまに名称変更した。
無事到着
早速フロントで宿泊交渉〜成立〜来て好かった。
料金・施設・料理満足。

此のホテル いんのしま〜は
瀬戸内海国立公園「因島公園」
敷地内にある様な位置ですね

皆さんにお勧め致します。

今日の気温
最高25度
最低15度
晴れ・曇りのサイクリング日和でした。

 
 ランダムfiash スライドショウー「挿入歌・峠の幌馬車」



 
   GoogIe MAPs
 
【コース説明】

07:30広島尾道駅〜08:28尾道フェリー乗り場〜
08:36向島フェリー乗り場〜
08:44向島しまなみ海道「317号線」スタート〜08:54向島地域エリアマップ看板〜
09:04御幸瀬戸付近花を被写体で〜09:27向島大橋を背に〜
10:00向島らんセンター途中名もない池〜!!〜
10:21向島らんセンター途中の登り坂〜
11:45向島らんセンター〜
11:02今治方面しまなみ海道・道路標示〜
11:25布刈鼻付近・因島大橋〜11:38しまなみ海道・道路標示〜
11:46因島大橋自転車道入口〜
12:02因島大橋スタート〜12:10因島大橋・橋上
12:15因島大橋無料料金場〜
12:31八重子島付近〜
13:08因島村上水軍城〜
14:30因島村上水軍城入口立て看板「帰りに気がついた」〜
15:11大山トンネル入口〜
15:22稲荷神社〜
16:37ホテル いんのしま

今日の走行距離「40km」でした。

 2012-05-22へ続く
 2010年〜2013年 
 TOP

  mail