ペガサス新年ラン(湘南ロードをフレンチに走る)


 第40回ペガサス新年ラン(湘南ロードをフレンチに走る)

2011-02-26


今回は10名全員が調布・柴崎の神金自転車商会様に集合、自動車3台に相乗りし江の島に向かう。
東名・川崎〜港北〜保土ヶ谷バイバス〜横浜新道〜藤沢〜江の島へと通常ルート9:40頃無事到着

メンバーの皆さん思い思いの愛車を車より下ろし試運転、お天気も予想より風が弱く皆さんニコニコ
何しろ前日は20度で強風、今日は10度の強風を予想し覚悟をしていた。
それが前記の如くサイクリングし易い気候である。ペガサスランは何時もお天気に恵まれます。

また、いつものとうりスタート前に記念写真、今回は江の島の特徴をであるヨットハーバーを背にパチリと
思いきや後で写真を見たら灯台でした。

初めに幹事さんが打ち上げの会場に様子見に行くも11時オープン、早すぎたため目的をはたぜず、
その代り江の島大橋の欄干の上でトンビが我々を出迎えてくれた。
湘南ロードは浜砂が道を妨げた処が所々あるも何とか無地に走る事が出来た。
湘南ロードはサーファーが多く独特の自転車にサーフィンボードを積み走るのが見受けられた。
また茅ヶ崎サザンCでは家族連れのツーアー客に出会い、若くて綺麗な添乗員に
我々の集合写真、カメラのシャッターを押していただいた。
メンバー中には、綺麗な添乗員の方の名刺を貰うんだ等の声が聞こえた。その人だあれ〜〜。
湘南ロードを楽しんだ後、平塚・松風町でフレンチ昼食は2時間のディナーを優雅に過ごした。。

午後は旧東海道・平塚宿の散策〜ハトと戯れた平塚八幡を最後に帰路に
えのすぱ別館・回転寿司・三浦三崎港で打ち上げ夕食会、時間的に混んでいるかと思ったが
以外に10名の座席確保
が出来た。流石新鮮なお魚の数々皆さん思い思いに食べお腹満腹でニコニコ、
中には一時間口を〜モグモグ〜大食漢、健康で羨ましい。

食後は江の島神社を恒例の初詣、ここは時間が時間の為形だけで済ました。

帰りの道はドライバーの思いのまま、大和経由の人・横浜新道〜東名、或いは第三京浜のもの
皆さん無事に21:00〜21:20頃到着自然解散。

次回のペガサスランは春ラン、紫陽花ラン合同の様です。

参加者・・森田様・福地様・小泉様・安原様・香川様・遠藤様・木村様・御園生様・安保様・杉山の10名


【コース】
  GoogIe MAPs

江の島第3駐車場「一番奥」9:42〜境川・片瀬橋10:23〜湘南海岸公園「新江の島水族館」10:30〜
引地川・鵠沼橋〜辻堂西海岸・海浜公園10:42〜茅ヶ崎海岸・茅ヶ崎ゴルフ倶楽部付近11:15〜
茅ヶ崎サザンC11:27〜相模(馬入)川・湘南大橋11:50〜湘南海岸公園付近「ここは平塚ですよ」〜

平塚・松風町フレンチ昼食(走行距離17キロ)12:15〜14:00
平塚宿見附14:16〜平塚宿東組問屋場跡14:26〜花水川・花水橋「平塚の一里塚14:33〜
平塚の由来14:46〜平塚八幡(走行距離23キロ)15:09〜ここより帰路「おおよそ来た道を走る」〜
江の島大橋の夕日17:02〜えのすぱ別館・回転寿司・三浦三崎港打ち上げ夕食会17:10〜18:17〜
江の島神社18:25〜第3駐車場「一番奥」18:39(本日の走行距離41キロ)


 ▲
江の島第3駐車場「一番奥」9:42
(隣は1964年、東京オリンピックのヨット競技場として誕生しました。湘南江の島ヨットハーバー
メンバーの皆さん思い思いの愛車を車より下ろし試運転、お天気も予想より風が弱く無く皆さんニコニコ
何しろ前日は20度で強風、今日は10度の強風を予想し覚悟をしていた
それが前記の如くサイクリングし易い気候である。ペガサスランは何時もお天気に恵まれます。

 ▲
江の島側の江の島大橋でトンビが我々を出迎えスタートを見届けてくれました。

 ▲
境川・片瀬橋付近

写真は富士山を見ながら爽快にラン中のメンバー

片瀬海岸の概要
片瀬地域は藤沢市の南にあり、東は鎌倉市腰越に接し、
西は境川を挟んで鵠沼や鵠沼海岸と接しています。

境川河口部の両側が片瀬海岸であり、東浜海水浴場と西浜海水浴場があります。
この片瀬海岸は東洋のマイアミ海岸といわれています。

交通機関の便は良く、江ノ電江ノ島駅や小田急片瀬江ノ島駅が至近です。
葉山、逗子から大磯あたりまでの、いわゆる湘南エリアの中心的な位置にあります


境川の源流は町田市の北西部にある相原町を源流とし、武蔵の国と相模の国の国境を流れている。
流れは多摩丘陵と相模台地を区分する断層線上にある全長約52Kmの二級河川。
源流の付近から藤沢まで続く境川サイクリングロードがある

 ▲
湘南海岸公園・新江の島水族館付近

2004年4月にグランドオープンした江ノ島地区のデート定番スポット。!
湘南海岸に浮かぶ富士山や江ノ島を眺めながら、イルカ達のショーを楽しむ『イルカショースタジアム』
など、絶好のロケーションを活かした水族館です。
身近な海を再現した相模湾大水槽やクラゲファンタジーホールにも注目


 ▲
引地川・鵠沼橋

湘南ロードはサーファーが多く独特の自転車にサーフィンボードを積み走るのが見受けられた。

引地川は、大和市の「泉の森公園」にある「大池」を水源地とする二級河川です。
泉の森公園の周辺地域に残っている雑木林の落ち葉や土の中に蓄えられた
雨水が谷間で湧水となり、これが引地川の水源となっています。
泉の森公園から南下し鵠沼海岸に至るまで全長は約21Kmです。

「引地」は、「ひきぢ」、「ひきち」、「ひきじ」など、
いろいろな呼び方がされていますが語源は明らかになっていません。

是非訪れたい処は引地川・千本桜

 ▲
辻堂西海岸・海浜公園付近

湘南ロードは浜砂が道を妨げた処が所々あるも何とか無地に走る事が出来た。

海岸沿いにある、一日中楽しめる大規模な交通公園。

 ▲
茅ヶ崎海岸・茅ヶ崎ゴルフ倶楽部付近11:15

この付近より烏帽子岩(姥島)が景観を見る事が出来ます。
かなり高齢のサーファーが独特の自転車にサーフィンボードを積み
サーフィンを楽しむのを見受けられた。
湘南ロードは浜砂が道を妨げた処が所々あるも何とか無地に走る事が出来た。


 ▲
茅ヶ崎サザンC11:27

茅ヶ崎の頭文字のCであるとともに、Cの右側の文字の切れ目の部分に
カップルで立ってCを1つの円(輪)として完成させれば、縁(円)結びの輪となり、
海の安全と平和を祈る輪となるという意味が込められています。
また、輪の中央に「えぼし岩」が顔を出して一緒に記念撮影ができるデザインになっています。

家族連れのツーアー客に出会い、若くて綺麗な添乗員に
我々の集合写真、カメラのシャッターを押していただいた。
メンバー中には、綺麗な添乗員の方の名刺を貰うんだ等の声が聞こえた。その人だあれ〜〜。

桑田ファンなら サザンビーチ 〜 サザン通り商店街(加山雄三)通り に行かれたら如何ですか。


 ▲
相模(馬入)川・湘南大橋

相模川は河口付近は馬入川ともよばれます。

その昔、源頼朝の馬が暴れて川に入ったという古事に由来しています。
国道134号線河口橋

昭和11年開通 湘南遊歩道と一体として開通老朽化に対処し、1986昭和61年、人と人との
ふれあいをテーマにした新しい湘南大橋が完成した。全長698.5m  
河口一体は平塚八景湘南潮来と呼ばれる。


相模川サイクリングロードはあるのか?

 ▲
湘南海岸公園付近「ここは平塚ですよ地図で見るとこの様になっいます。」

片瀬西浜の境川から引地川にかけて広がる13.3haの公園です。
この付近の鵠沼海岸は明治中期に海水浴場としてオープンして以来有名となり、
夏の海水浴客をはじめ、多くの文化人に愛されてきました。
都心からも程近く、その恵まれた眺望は今も湘南を代表する人気スポットです。

 ▲
平塚・松風町フレンチ昼食
「マリー・ルイーズ」で、
楽しい会話と、おいしい料理で、幸せなひと時をお過ごした…。
森田さんと香川さん笑顔がハッピーだね〜

昼食は2時間のディナーを優雅に〜〜〜

また、このお店は地元ではかなり知名度高く数多くの賞を受賞、
料理教室も開催して地域に貢献しているようです。
働いている女性スタッフの人柄も良かったね。

幹事の木村さんセンス有るね、良いお店紹介して頂き有難う。

 ▲
平塚宿見附14:16
見附とは:見附は本来城下に入る門を示す「城門」をいい、
城下に入る人々を監視する見張り場の役目を持っていた。
従って、宿見附も宿の出入り口を意味すると同時に、宿を守る防御施設として設置された。
また見附は必ずしも宿境(宿境は傍示杭(ぼうじくい)で示す)を意味するものではなくて、
見附から正式に宿内であることを示す施設であった。さらに宿と宿の距離はこの見附を基準とした。
一般に江戸側出入り口にあるものを江戸見附、京側にあるものを上方見附と呼ぶ。
また東海道に直角に位置するように設置され、土台部は石垣で固め、
土盛りされ頂部は竹矢来で組まれていた。
 平塚宿の見附は、規模は長さ3.6m、巾1.5m、高さ1.6mの大きさで、
江戸見附と上方見附の間は1.5kmあり、
その中に本陣、脇本陣、東西の問屋場2箇所、高札場,旅籠などがあり、
200軒を越える町並みが続いてい
た。

〜平塚宿〜

 ▲
平塚宿東組問屋場跡14:26

平塚宿では、問屋場が二つあり、二十四軒町にあったのを「東組問屋場」、
西仲町にあったのを「西組問屋場」といったそうです。


 ▲
花水川・花水橋「平塚の一里塚」14:33

◆【馬入一里塚】
《神奈川県平塚市馬入本町12》
(旧道より箱根方面を望む)

馬入橋を渡ると、「馬入」交差点で、国道1号と平塚駅北口へ進む道路
(東海道本通り)に分かれるが、旧道は平塚駅北口方面へ進む。この交
差点の下り線側に馬入一里塚跡がある。日本橋より15番目の一里塚。

【旧道風景・高麗山(こまやま)
《神奈川県中郡大磯町高麗3−4》
(旧道、R1より花水橋、高麗山を箱根方面に望む)
 安藤広重画の錦絵「東海道五十三次 大磯 虎ケ雨」にも、象徴的に描かれています

 ▲
平塚の由来14:46

この梅の木は枝の手入れは良く無いが紅白の花が見ごたえあったね。

 平塚の塚の由来:江戸時代に編さんされた「新編相模の国に風土記」に、
「桓武天皇の3代孫、高見王の娘政子が東国へ向かう旅をしていた折、
天安元年(857)2月この地で逝去した。柩はここに埋葬され墓として塚が築かれた。
その塚の上が平らなったので里人はそれを「ひらつか」と呼んできた」とある。
これが平塚という地名の起こりとなった.

 
 
 ▲
平塚八幡(走行距離23キロ)

安原さんが鯉の餌を買い鯉や、特にハトと楽しそうに遊んでいた、
いやいや遊ばれていた。

鶴峰八幡宮といわれる。創祀は第16代仁徳天皇の68年。
時にこの相武の地に大地震があり、人民の苦難のさまを聞召した天皇が詔して
応神天皇を祀ったのが創祀という。鎌倉時代以降は武人の信仰もあつく、
源頼朝の婦人、政子の安産を願っての神馬奉納、徳川家康の社領寄進が有名のようです。

 ▲
江の島大橋の夕日17:02
富士山が見えないのが残念

 ▲
えのすぱ別館・回転寿司・三浦三崎港打ち上げ夕食会17:10〜18:17〜
新鮮なネタはもちろん、まぐろに力を入れているお店です。
名物は大トロひっかき軍艦の様です、食べ終わった後に出てきて食べそこなった。〜〜
残念無念
流石新鮮な魚の数々皆さん思い思いに食べお腹満腹でニコニコ、
中には一時間口を〜モグモグ〜大食漢、健康で羨ましい。

 ▲
第3駐車場「一番奥」18:39(本日の走行距離41キロ)
森田さん・幹事さん本当に楽しい一日を提供していただき有難う、
またのランを楽しみにしています。
それでは恒例により一本締め・・よ〜〜う・・
ポン
ご苦労さんでした


 おまけ、時間の都合で江の島を散策出来ませんでしたので関心のある方は
江の島・・・にお立ち寄りして下さい。

 【コメント】
   2011-03-02
 安原さん
 江ノ島からの夕陽,奇麗でしたね。
本当に41Kmも走ったんですかね?。
食事もコースも最高の新年ランでした。次もよろしくお願いします。

 今日は大変楽しい1日をともに過ごさせて頂き感謝しております。
今後も色々とご面倒をお掛けすると思いますがお付き合いの程、
宜しくお願い致します。
まずはお礼まで

 2011-03-02
 御園生さん

さきほど、HPのほうも拝見いたしました。短い時間なのに、
とても充実した内容にまとめていただいて驚くばかりです。
及びませんが、アルバムのほうも精一杯頑張ろうかと思います。
まずは取り急ぎお詫びと御礼まで申し上げます。

本日は色々お世話に成りました。
楽しい一日のお付き合い有難う御座いました。

今後も足でまといの事と思いますが、
宜しくおねがいいたします。

       
       

mailご来場の皆さん方メッセ-ジを頂けると有りがたいです。


 TOP