麻布十番と六郷用水が、何故か池上梅園

 サイクリング轍  2010年〜2012年  2005年〜2009年   国内遠出・三陸海岸  ドナウ源流〜ウィーン  チェジュ島周遊  ペガサス・ラン    
 日本の海や島   日本庭園  彩花盆栽    topics  イチオシの写真 ひとりごと 絆・癒しの旅行  メールコメント     TOP
自転車に乗って人生を楽しもう
サイクリングの轍 
2010年〜2011年

2008年〜2009年
2006年〜2007年
2004年〜2005年
 
癒しの思い出旅行
思い出の日記topics
彩花盆栽のいろいろ

麻布十番と六郷用水が、何故か池上梅園
2010-02-21

GoogIe MAP(クリック)

 
今日の最大の目標は麻布十番で優雅に香りと雰囲気(過去と現在が混在している)を求める
 サイクリングで有った筈が何故か野次さん・喜多さんのサイクリングに成りました。
 ・飲まず〜食わずの初めてのサイクリングでした。〜〜〜楽しさ・・・????
 
    コース
  この日は曇り模様で更に少し風がふき家を出た当初は手、足に寒さを感じたサイクリング日和とはほど遠かった。
  Kri氏宅(9:00)〜世田谷大蔵1丁目永安寺附近(9:22)〜田園調布鵜の木1丁目(10:17)〜東急池上線千鳥町駅(10:21)
  〜池上梅林(10:34)〜品川区戸越銀座(11:30)〜目黒川・下目黒2丁目〜目黒川船入場〜祐天寺(12:10)〜駒沢オリンピック公園(13:00)
  〜環7をわたり〜世田谷柿木坂3丁目(松竹園)〜馬事公苑(13:20)〜砧公園(13:25)〜野川、成城3丁目(13:40)〜自宅(13:50)走行45キロ


 

 
六郷用水の由来
  六郷用水は、徳川家康が家臣小泉次太夫に命じ、六郷領(大田区の大半)農村の灌漑を目的として、開さくされた農業用水である。
  徳川氏は江戸支配の基礎作りの一つとして、多摩川の冶水を行い、中流より分水して農業用水を引き、江戸南郊農村の生産性   
  の向上をはかった。此のとき、川崎側の川崎、稲毛領の為の「二ケ領用水」も同時に工事が進められ完成している。
  六郷用水は、和泉村(現在の狛江市和泉)を取水口とし、慶長2年(1597)に測量を始め、難工事の末、同年14年に主要水路が完成しその2年後、
  各村の分水工事も終わり、全事業が完成した。この結果、世田谷領の一部と六郷領を合わせて約50ケ村が恩恵を受けることになり 、
  以後、近代まで農民の命の綱として利用された。時代と共に、用水流域の様子も、水田から畑にまた農業から宅地に変わり、昭和の初め
  ごろには用水としての使命を終え、現在ではそのほとんどが埋めたててられ緑道などになっている。
  全長30キロメートル・灌漑面積約1500ヘクタール(大田区土木部 昭和63年11月)


 
池上梅園の由来
 池上梅園は池上本門寺の西に位置し、丘陵斜面等を利用した閑静な庭園です。
 戦後まで北半分は日本画家伊東深水氏の自宅兼アトリエで「月白山荘」と呼ばれていましたが戦災で焼失。
 戦後築地の料亭経営者小倉氏が南半分を拡張し、別宅として使用していました。小倉氏の没後、ご遺族の
 意志により、庭園として残すことを条件に東京都に譲渡されました。
  その後昭和53年に大田区に移管され、紅梅を中心に樹林・拡張(現在9,880)をすすめ、現在では大田区の
 区花である梅370本(
白梅150本・紅梅220本)を数えるまでになりました。


世田谷大蔵1丁目永安寺附近その昔ここは東宝撮影所の山が有った関係でゴジラの撮影場所附近でも有った。
   六郷用水流路図
下丸子への分水口跡
 このあたりが六郷用水の下丸子方面への合流点で六郷用水
 の西岸(現在環状8号線の用地になっている。)に石組トンネル を築 いて合流している。
   
  梅370本(白梅150本・紅梅220本) 7分咲き
 苔盆栽お見事です。  
   
 茶室 清月庵の由来       
この茶室は伊東深水のアトリエを
数奇屋建築の設計家川尻喜治氏が
自宅に建て替えた離れでした。   
 
茶室 聴雨庵の由来
 政治家藤山愛一郎氏所有の茶室でしたが、昭和58年に藤山倶楽部から大田区に寄贈されました。芝白金の自宅には三棟の茶室があり、海外の来賓を招くなど民間外交の実をあげたところであります。
フリーマーケットの古物商     
かなり高額の値が付いていました。
池上梅園
2010-02-21

mailご来場の皆さん方メッセ-ジ頂けると有りがたいです。


 TOP