奥武蔵〜顔振峠

 サイクリング轍  2010年〜2012年  2005年〜2009年   国内遠出・三陸海岸  ドナウ源流〜ウィーン  チェジュ島周遊  ペガサス・ラン  
 日本の海や島   日本庭園  彩花盆栽    topics イチオシの写真 ひとりごと 絆・癒しの旅行  メールコメント     TOP

 奥武蔵〜顔振峠  GoogIe MAPs 

2007-11-23

 ▲
平栗園かたくりの里
・・・駐車場


 高山不動尊


 
高山不動尊の駐車場

アクセス(車で) 圏央道狭山日高ICから県道347号・国道299号を秩父方面に19km走った吾野で顔振峠方面に従い右折、最初のY字路を左折すれば高山不動尊表参道。川沿いの林道を上流へと進む
駐車場(収容台数) 40台
駐車料金 無料
アクセス(電車で) 西武秩父線西吾野駅から徒歩1時間

   
 ▲
 高山不動尊奥の院関八州見晴台付近

高山不動・奥の院( 関八州見晴し台 標高・770m)
白雉5年(654)、藤原鎌足公の第二子・長覚坊上人、三輪の宝勝坊上人、岩田三兄弟
によって関東鎮護の為に堂宇を建てた。しかし再度の災害により、不動堂は現在の地に
移転され、ここを奥の院または関八州見晴し台と称した。
堂宇再建については常楽院45世住職・晋山以来の念願で、弟子・隆岳加持成就を祈念して
建立を発願し、堂宇の建て方はお不動様のお告げによって、古代式に建てられたという。
そして御本尊様は五大尊不動明王で、関東鎮護の為に東京に向けられている。



 顔振峠

鎌倉時代、弁慶以下義経主従がその景観のあまりの美しさに何度も振り返ったことから、その名前がついたといわれています。

 
 ▲
下長沢・自転車トラブル
最後は神金さんの出番でした。
何時もの如く高額なメンテナンス料は無料でした。
ありがたや〜〜ありがたや〜〜





mailご来場の皆さん方メッセ-ジを頂けると有りがたいです。

 TOP