大船〜鎌倉〜逗子

 サイクリング轍  2010年〜2012年  2005年〜2009年   国内遠出・三陸海岸  ドナウ源流〜ウィーン  チェジュ島周遊  ペガサス・ラン  
 日本の海や島   日本庭園  彩花盆栽    topics  イチオシの写真 ひとりごと 絆・癒しの旅行  メールコメント     TOP

 大船〜鎌倉〜逗子   GoogIe MAPs


2007-4-27

 

 大船観音

JR大船駅前の高台で西の方を向いているその姿はまるで東海道線に乗って東京にやってくる人々を見ているかのようだ。
東海道線を御利用の方はよ〜くご存じと思うが、
日本で最も交通アクセスの良い駅前大観音といえよう。
また、夜はライトアップされており、どんなに酔っぱらっていても大船駅だけは間違えない、
という
究極のランドマークと化している、もしかしたら日本で一、二を争う有名な大観音

 ▲
天園ハイキングコース・・・・リンク「1」

天園へ上るルートは幾つかあります。
何時行っても景色は四季それぞれ変化が有り楽しめますよ。

 ▲
鎌倉湖


鎌倉にも湖があります。散在が池森林公園にある散在が池、通称“鎌倉湖”です。
湖畔を通り、住宅地を抜けると天園ハイキングコースに入ることができます。
散在ガ池はもともとは農業用水池の
役割を果たしていましたが、

今では「鎌倉湖(かまくらこ)」とも呼ばれています。

春は桜・秋は紅葉を澄んだ静かな湖面に映し出す様は
神秘的なものを感じさせ、世間の喧騒を忘れ
ゆったりと落ち着いた気持ちにさせてくれる
自然の癒しスポットとして愛されています。

比較的なだらかでゆったり歩ける
「のんびり小径」と起伏があり
健脚者向きの「馬の背の小径」が池をぐるっと廻り、
途中に「パノラマの小径」散策コースがあります。
また、池から流れる小川には「せせらぎの小径」と
名付けられた水辺の散策コースもあり、
植物や野鳥などの自然観察にも適しています。

鎌倉アルプスとも呼ばれる天園ハイキングコースへの
入り口が近くにあり、鎌倉ハイクの
出発・終着点としてもよい公園です。


 ▲
北鎌倉好好亭

北鎌倉の自然に抱かれた空間で、伝統の会席料理を味わう。
約2000坪の広大な敷地に数奇屋造りの屋敷。
緑に囲まれ、静かな雰囲気の中でゆっくりと食事ができる。
 手の込んだ料理と温かいサービスが自慢のようです。。

 地ものの魚介類のコースは7000円から。4500円の会席弁当も充分満足できる。 
 四季折々の緑に囲まれた庭園を眺めながらいただくのもこの店ならでは。

地図


 

円覚寺

著名人の菩提寺菩提寺
山野草と花の寺
坂本弁護士が眠る ボタン寺



 円覚寺
リンクを


東慶寺


「文学にゆかりの寺」や「縁切り寺」や「駈込寺」というキャッチコピーでも有名なお寺です。



浄智寺

鎌倉五山の四位に列せられる寺。

弘安4年(1281)、執権北条時頼の三男宗政の菩提を弔い、
宗政とその子師時を開基として宗政の妻が建立した。
現在の建物は関東大震災後に再建されたものだが、
自然林に囲まれた静かな境内は国の史跡に指定されている。
石段を登ると正面に、上部に鐘を吊り下げた楼門か立つ。
奥には曇華殿と呼ばれる仏殿があり、本尊の三世仏坐像が祀られている。
阿弥陀、釈迦、弥勒の三体からなるこの仏像は15世紀の作でそれぞれ過去、現在、未来を表す。
参道沿いの石段脇には鎌倉十井に数えられる“甘露ノ井(かんろのい)”があり、
タヒチガン桜、沙羅双樹などの樹木が生い茂る。


 浄妙寺

ネコがいっぱいのこの浄妙寺。
お寺のお庭のお花と枯山水がなんとも癒される
落ち着けるお寺。
お寺の中にある、レストラン「石窯ガーデンテラス」では
とってもおいしい天然酵母のパンをいただけます。
鎌倉からバスで如何ですか。
あまり人もいなく、のんびりできるオススメなお寺です。

 
朝比奈切り通

鎌倉七口の一つに朝比奈切り通し(又を朝夷奈切り通し)がある。
この切り通しは他の切り通しと違い殆ど近代化されておらず、
切り通し全盛の雰囲気が味わえるとっておきの切り通しです。
その魅力について、記してみたいと思います。
(七口は朝比奈を含め、化粧坂、名越坂、  巨福呂坂、亀ヶ谷坂、大仏切り通し、極楽寺切り通しがあります。
それぞれ、魅力に満ちたものですので、機会があれば解説したいですが・・・無理だと思う)


 関東富士見百景


披露山公園ここかな・・・??

披露山の頂上にあり、逗子市の全貌、江ノ島、相模湾の海岸線が一望できました。

 
 
逗子マリーナ

リンク

何時来ても良いところです。あきることは有りません。
今日も気合い入れて楽しみました・・・・いやいや休憩しました。


 まだありますが、コメントするの此処まで〜〜〜疲れた〜〜
ランが疲れたのでは有りません、コメントするのが疲れました。




mailご来場の皆さん方メッセ-ジを頂けると有りがたいです。

 TOP